財産はしっかりと守ろう!

自己破産と聞くと、財産を全て奪われてしまい、一文無しで路頭に迷うといった恐いイメージを持っている方が多いかもしれません。
ここでは、自己破産というのは一体どんなものなのか、詳しく説明をしていきたいと思います。
自己破産は、債務者が裁判所に申立てを行い、債務整理の手続きを行うことを言います。
自己破産を行えば借金が0になると思われている方が多いのですが、実はそうではないのです。
自己破産の手続きが裁判所で行われたら、債務者の財産が処分をされて債権者に均等に分配をされます。
財産を処分しても借金が返済し切れなかった場合、債務はそのまま残る形になるのです。
このままでは借金が残ったままの状態になりますので、「免責許可」という手続きを行わなければならないことになります。
その詳細はこちらのサイトにかいてあります。
パチンコ借金生活から簡単に抜けた方法です。
免責許可を受けることが出来れば借金は0になるのですが、免責許可を受けることが出来なかった場合、残った借金はそのままの状態で債務者に圧し掛かることになります。
免責許可を受けることが出来ないのを免責不許可と良い、不許可になった理由のことを免責不許可事由と言います。
闇金返済をしない方法
免責不許可事由には、申告の際に虚偽の内容があった場合やギャンブルなどの娯楽による借金であった場合などさまざまな理由があります。
この免責許可を下すのは裁判所の裁判官ですので、裁判官の判断に最終的には委ねられることになります。
免責不許可事由に該当しても裁判官が免責許可を下す場合があり、これを裁量免責と言います。
自己破産の手続きを行えば全て解決出来る、そう思っている方が多いのですが、実は借金が0になるまでには長い道のりがあるのです。